BAR 椿  「 T S U B A K I 」MANUAL

女性バーテンダーによるノーチャージバー

TSUBAKI最大の特徴は「女性バーテンダーがいつでも笑顔でお客様をお迎えするお店である」ということです。低料金で女性バーテンダーとお酒を気軽に楽しむことができるカジュアルなBAR、それがTSUBAKIの基本コンセプトです。

バーテンダーは身だしなみを整え、白い清潔なシャツとスカーフを身につけてカウンターに立ち、たとえ体調がすぐれない日でも、お客様が楽しんでいただけるよう、精一杯のおもてなしを心がけましょう。


「一期一会」

一期一会(いちごいちえ)とは、千利休の茶道の筆頭の心得に由来することわざです。
『あなたとこうして出会っているこの時間は、二度と巡っては来ない、たった一度きりのもの。だからこの一瞬を大切に思い、今出来る最高のおもてなしをしましょう』と言う意味があります。

 この茶道の心得は、BARに通じるものがあります。BARには毎日、日本中、世界中から、老若男女、さまざまなお客様が訪れます。まさに毎日が一期一会、その一期一会を大切にすることで、出会えるはずもないような人や仲間に出会ったり、世界中に友達ができたり、生涯の伴侶との出会いがあったりと、さまざまな人脈発展の可能性を秘めています。こんなに楽しく、素晴らしい可能性に満ちた仕事はなかなか無いと思います。是非、BARという仕事の醍醐味を楽しんでください。

「話す」ということ

カウンターに立つ以上は、ある程度お客様と会話しをしなければなりません。お客様はお酒を楽しむためにBARへやってきます。一期一会ですから、どんどん話しかけて、楽しいひとときを過ごしていただきましょう。ただ、「何か話さなきゃ」⇒焦ってしまう⇒頭が真っ白になる⇒何も思いつかなくなる⇒「何か話さなきゃ」とまた焦る⇒気持ちばかりが増幅して、悪循環・・・ってなことになってしまっては、楽しんでいただくどころか、逆にお客様を疲れさせてしまいます。
そんなときは、その循環を止めてみましょう。「話さなきゃ」という考えをちょっと変えて、「何を話そうかな」程度にとどめてみませんか。会話は重要ですが、サービスのすべてが“攻め”のコミュニケーションを取らなくてはならないとは限りません。深い相槌、絶やさぬ笑顔、「お客様のために」ということが伝わってくる仕事っぷり、きれいな立ち居振る舞い・・・等々お客様を「とりこ」にするサービスにはいろいろあるのです。まずは焦らず、お客様の口から出た話題に対して、こういう返しも覚えておきましょう。

「それはいつからなんですか?」(人間、自分の歴史を語るのは楽しいものです)
「なぜなさったのですか?」(よくぞ聞いてくれた!と思ってもらえます)
「なるほど、勉強になります。」(でしょ?と気持ちよく感じていただけます)
「ほかにもありますか?」(興味持ってくれたかな?とますます気持ちよく)

必ずしも自分から話しかけなくても、お客様の話に積極的なリアクションをするだけで、こんなに広がりができてます。積極的なリアクションして上手に聞き手にまわりましょう。
ただ、質問するときに気をつけなくてはいけないのは、つきなみのお題ばかりにならないようにすることです。

「お仕事帰りですか?」・・・・
「何軒目ですか?」・・・
良く飲食店で質問される代表のお題ですが、なかなか楽しい会話に発展しずらい典型ですので気をつけましょう。

沈黙になったときのフレーズを最低3種類はあらかじめ用意しておくのも有効です。

「面白かった映画は何ですか?」
「好きな寿司ネタBEST3は?」
「犬派ですか猫派ですか?」

等々自分なりに探して試してみてください。

サービス用語

①いらっしゃいませ
②お好きなところへどうぞ (こちらへどうぞ)
③ご注文はお決まりですか?
④かしこまりました
⑤○○をご注文のお客様?。(ドリンクの提供)
⑥何かおつまみ(フード)はよろしいですか?
⑦何かお作りしましょうか?(お代わりのお伺い)
⑧ありがとうございます。お会計は○○円です。○○円お預かりします。お返しは○○円です。
⑨ありがとうございました。
⑩お見送り(店の外までお見送りするのが函館特有の文化ですが、当店では原則店内でお見送りします)

働く上でのルール

①信頼第一        お互い尊重し合えるように、信頼される行動を・・・・

TSUBAKIは少人数で営業するお店です。お互い楽しく、気持ち良い仕事をするためには信頼関係が大切。一人がシフトから欠けると、他の従業員に負担を強いることになってしまいますので、体調管理には気をつけて、シフトをしっかりと守り、信頼される人になりましょう。ちょっと具合が悪かったり、急な用事で休んだりするようでは信頼される人間になることはできません。本当に信頼し合える人間関係は、一瞬で崩れることはありませんが、出会って間もないのに仕事に穴をあけたり、約束を破ったりしたら、信じられなくなってしまうのは当然です。
信頼されている人でも、失敗やミスすることはありますが、信頼されている人は、失敗やミスをしても、他人に責任転嫁したり、言い訳などすることはありません。自分の非を潔く認めて迷惑をかけた周囲に謝罪し、自らの失敗やミスを上司に報告し、そのミスの修復に向かって全力を尽くします。そんな行動を重ねて上司や同僚、部下から信頼される人になりましょう。
 人は「他人を信じる」ということがなかなか出来ない動物のようですが、この職場ではまず「信じることから始める」を実践してみましょう。これは豊かな人生を送るために非常に重要なことです。信頼関係が無い恋愛や夫婦関係は崩壊していますし、信頼できない部下を出世させる上司はいません。逆に、信頼できない上司の言うことを聞き続ける部下のストレスは大変なものです。新人が入ってきたときに、「あなたにも必ずできる」と励ませる先輩になりましょう。

②一動完結        無駄な動作をはぶき、スムーズに作業をこなしましょう。

あらゆる作業において一動完結の動きを習慣づけ、合理性を追求しましょう。例えば、テーブル席のお客様が帰り、テーブルの片付けに向かう場合は、たいていの場合1回の動作で完結できるのですが、2回も3回も洗い場とテーブルの間を行ったり来たりするケースが良く見受けられます。お客様が帰られたら、必ずトレンチ・ダスター・灰皿(お盆・台ふき・灰皿)の3点セット持ち、片付けに向かい、①フロア②椅子③テーブルの順にチェックしグラスや汚れた灰皿をトレンチに乗せ、空いた手でテーブルを拭き、新しい灰皿をセットして終了、このときにはじめて洗い場へ向かいますが、通路のゴミや、他のお客様のグラスや灰皿などをさりげなくチェックしながら向かうのが当然の基本になります。

③防御の声かけ     スタッフ同士声を掛け合いミスを未然に防ぎましょう

ストレスの防御
少ない人数でも報告することはとても大切、交代時にやり残してしまった作業や、補充するべきアイテムの報告は、ストレスの無い円滑な店舗運営には必要不可欠。また、スタッフ同士情報を共有して、お客様に同じ質問を何度もしたり、不愉快な思いをさせない心配りをしましょう。

衝突の防御
不必要な従業員同士の衝突を防ぐために、背後者声かけの法則「後ろ通ります」「左にいます」「後ろにいます」の声かけも習慣にしてください。
また、お客様の行動は予測不能。トレンチにたくさんのドリンクを乗せてカウンターのお客様の背後を歩いていても、お客様は突然、爆笑とともに後ろにのけぞったり、立ち上がったりします。あなたの運んでいるドリンクがたくさん乗ったトレンチに、のけぞったお客様がぶつかってドリンクをひっくり返っしてまっても、それは「あなた」の責任です。お客様は「突然のけぞるもの」という認識を忘れないでください。あなたがその防御を怠ると、一生懸命バーテンが作った飲み物も、楽しんでいたのけぞりのお客様の気分も台無しになってしまうのですから。。。
両手同時出しの禁止

「へいお待ち」 的になってしまいますので、特にドリンクの両手同時出しは禁物!BARとしての臨場感を損なってしまうので気を付けましょう。

メニュー解説

ビール

■プレミアムモルツ(ビール)
麦芽100%のピルスナースタイルのプレミアムビール。2008年にはヱビスビールを抜いてプレミアムビールNo.1ブランドになり、。ベースとなったモルツと同様に原材料は麦芽100%であり、天然水を使用して醸造されている。また、チェコ・ザーツ産のファインアロマホップを中心に、ヨーロッパ産のアロマホップを100%使用している。

■カールスバーグ(ビール)
デンマークのビール醸造会社及びそのブランド名である。デンマークではカールスベアと呼ばれる。1847年にデンマークで創立された。140か国以上に製品を輸出し、40か国に醸造所を持つ世界第4位のビールメーカーである。なお、ドイツのカールスバーグというビール会社があるが両者に関係はない。 

スピリッツ  30cc

■■ウイスキー■■

■白州  
白州蒸溜所(はくしゅうじょうりゅうしょ)は、山梨県北杜市白州町にあるサントリー酒類のウイスキーの製造所である。サントリーウイスキー誕生50周年を記念して山崎蒸溜所に次ぐ同社二つ目の蒸溜所として1973年に設立された。敷地内には「サントリー天然水 南アルプス」のボトリング工場が併設されている。

■山崎(シングルモルトウイスキー)   
山崎蒸留所は1923年開設された大阪府三島郡島本町山崎にあるサントリー酒類のウイスキー蒸留所である。山崎はかつて千利休が茶室を設けた場所であり、水質の良さと3つの川(宇治川、木津川、桂川)が合流するために霧が立ち込めている立地がウイスキーづくりに適しているとされる。

■響12年
サントリーブレンデッドウイスキーの最高峰、酒齢12年以上のモルト原酒を吟味し、これに相応しい複数タイプの12年以上の円熟グレーン原酒をブレンド。梅酒を貯蔵した樽で熟成させた「梅酒樽熟成モルト原酒」を用い、サントリーウイスキーの特長である甘く華やかな香味をより一層引き立てています。

■グレンフィディック12年(シングルモルトウイスキー)
世界で始めてシングルモルトウイスキーとして売り出したグレンフィディック12年は今日では、世界でもっとも飲まれているシングルモルトウイスキーへと成長しました。アメリカンオークとスパニッシュオークの樽で最低12年間熟成。新鮮な洋梨のようなフルーティな香りと、微量の樽香がもたらす複雑で上品な味わいが特徴。

■マッカラン12年(シングルモルトウイスキー)
厳選されたシェリー樽で最低12年間熟成させた原酒のみを使用。ドライフルーツにウッドスモークとスパイスが感じられ、もっともスタンダードなザ・マッカラン

■ラフロイグ(シングルモルトウイスキー)
 スコットランド西海岸沖に浮かぶアイラ島に所在するシングルモルト・スコッチ・ウイスキーの蒸留所、および、そこで産出されるシングルモルト・スコッチウイスキーの銘柄である。独特の強烈なピート(泥炭)香を持つのが特徴。ラフロイグとは、アイルランド語で「広い湾のそばの美しい窪地」を意味する。


■メイカーズマーク(バーボン)
ケンタッキー州ロレットの蒸溜所。一般的なバーボンと違い、原料にライ麦ではなく冬小麦を使用しているため独特の柔らかい口当たりがある。 特徴はボトルの一つ一つにしてある封蝋(ふうろう:ヨーロッパにおいて、手紙の封筒や文書に封印を施すためのもの)。これら封蝋は現在でも全て手作業でおこなわれているため、それぞれのビンによって微妙に形が違う。

■ジムビーム(バーボン)
世界120ヶ国以上で飲まれている売上世界No.1バーボン「ジムビーム」。200年を超える伝統と格式を持つ。

■オールドクロウ(バーボン)
バーボン製造の基本となっているサワーマッシュ製法は、ジェームス・C・クロウ博士によって1835年に開発されました。博士の最初の蒸留所から生まれた「オールドクロウ」は、彼の名に由来し、サワーマッシュ製法で作られたバーボン第一号です。(松田勇作がこよなく愛したバーボン)
■■ジン■■

■ボンベイサファイア
通常のジンでは、香り付けにジュニパーベリーを中心とした4~5種類のボタニカルしか使用しないが、ボンベイ・サファイアは、世界各国から厳選して集められた10種類のボタニカルを使用しヴェイパー・インフュージョンという独特な製法を採用。この製法が、ボンベイ・サファイア特有の香りと味わいを作り出している。ボトルから注いだ瞬間、カクテルと呼べるプレミアム・ジン。

■タンカレー
イギリスで製造されているジンのブランド名。4回の蒸留に生み出されるすっきりとした味わいが特徴でアルコール度数47.3%。20歳でロンドンのブルームズベリーに蒸留所を開いたチャールズ・タンカレーが1830年に作りだした。1868年に息子チャールズ・ウォー・タンカレーが製造を引き継いだ。第二次世界大戦中、蒸留所は、破壊されてしまったものの、1つだけ戦火を免れた蒸留所があり、それは「オールド・トム」と言われ現在も使われている。

■ビフィーター
ロンドン・ドライジンの一種でラベルには赤い制服を纏ったヨーダン・ヴォーダー(通称ビーフィーター)の姿が描かれている。ビーフィーター社創設者のジェームズ・バローは、芳醇で力強い風味を持つ製品の名称に屈強なことで「ビーフィーター」の名を採用した。トウモロコシと大麦から蒸留した蒸留酒をベースにジュニバー・ベリーやコリアンダーなどで風味付けがなされとぃるが、細かい詳細は不明。成分の浸透のためのアルコール度数は最低40%以上で製品化される。
■■ウォッカ■■

■スカイ
スカイウォッカはカリフォルニア州サンフランシスコでスカイスピリッツLLCにより製造される珍しいアメリカ産のウォッカ。

■ズブロッカ
ポーランドの世界遺産「ヴャウォヴィエジャの森」で採れるバイソングラスを漬け込んだウォッカ。桜餅かよもぎ餅に似ていると形容される柔らかな香りと、まろやかな飲み口が特徴。ポーランド語の本来の読みに近い発音は「ジュブルフカ ズブロッカという読み方は本来の発音を壊し正しくはないが、英語圏に広まり日本に伝わった。
 
■■ラム■■ 

■サンタテレサ
サンタ テレサ社はベネズエラのエル・コンセッホという町で1796年にトヴァル・イ・ブランコ伯爵により創業され、ドイツからベネズエラに移住してきたヴォルマー一族により引き継がれ、ヴォルマー一族による家族経営で世界的なブランドとして成長してきました。200年以上の歴史があるラムメーカーです。樽や製品ラベルのデザインにも使用されている丸い花のようなマークは、風向きを表す風配図(ふうはいず)を元にデザインされています。これは航海時にも風向きを知るために使用されドイツ本国で海運業に携わっていたヴォルマー一族の歴史をあらわすシンボルなのです。

■キャプテンモルガン
良質なさとうきびから造ったアメリカ領バージン諸島産ゴールドラムにバニラスパイスとトロピカルフレーバー加えて造る香り豊かなラム。17世紀に数々の衝撃を与えた海賊「モルガン船長」の名にちなんで名づけられた。

■■テキーラ■■

■サウザ シルバー
ホワイトペッパーや柑橘系の爽やかな香りと、ほのかなアガベとフローラル系のノートが特徴。(アルコール度数40度)

■クエルボ ゴールド
テキーラのトップブランド。ホセ・クエルボ社が誇るレポサドテキーラです。2ヶ月の樽熟成によるまろやかな味わいが特徴です。

リキュール

蒸留酒(スピリッツ)に果実やハーブなどの副材料を加えて香味をスピリッツに移し、砂糖やシロップ、着色料などを添加し調製した混成酒である

■イエガーマイスター
イエーガーマイスターとは、ドイツ産のリキュール銘柄である。アニスや甘草など、実に56種類ものハーブが使われている。アルコール度数は35度、エキス分は15.7%、濃い赤色で1935年から販売されている。

■カンパリ
カンパリ(Campari)とは、苦味のあるタイプのリキュールの銘柄の1つである。液体は、赤く、アルコール度数は25度。エキス分は19%。イタリアで生産されている。イタリア語で「苦い」を意味する語が「アマロ(Amaro)」なので、アマロ系のリキュールなどと言われることもある。カンパリの製法は、明らかではないが、ビター・オレンジ・キャラウェイ・コリアンダー・リンドウの根など60種類にのぼる材料が使われていると言われ、リキュールの中ではビター系リキュールに入る。

■アペロール
アペロール(Aperol)とは、イタリア産」のリキュールの銘柄の1つである。赤みを帯びたオレンジ色をしており、アルコール度数11度・エキス分25.8%リュバブ・キナ・ゲンチアナなど、蒸留酒に浸漬する方法で製造されている。アペロールとは、イタリア語で食前酒を意味する「アペリティフ」に由来する。

■アマレット
アマレット(Amaretto)とは、アーモンドのような香りを持つリキュール。香りがアーモンドに似ているため、原材料の中にアーモンドが入っていると思われがちだが、実際には杏仁(杏仁豆腐等に使われるアンズの核)を使用しているのが主流。 Amarettoとは、イタリア語で「少し苦いもの」と言う意味。

■チンザノ ドライ(ベルモット 60cc)
ベルモットとは白ワインを主体とし、ニガヨモギなどの香草スパイスを配合して作られるフレーバードワインである。主に食前酒として飲まれるほか、カクテルの材料や料理に使われる。イタリア発祥のスイート・ベルモットとフランス発祥のドライ・ベルモットとがある。
イタリアの酒類製造会社。ベルモットやスプマンテを製造しているが、ベルモットのチンザノが世界的に有名である。

■チンザノ オランチョ(ベルモット 60cc)
オレンジ風味のベルモット。

■チンザノ ロッソ(ベルモット 60cc)
苦めで重めの濃赤色のスイート・ベルモット。

■ノイリープラット(ベルモット 60cc)

■鏡月(45cc)
 豊かな自然に囲まれた雪岳山(ソラクサン)系の澄みきった天然水で仕上げた焼酎。ベーシックな25%のほかに16%のふんわり鏡月(梅・ゆず・アセロラ・みかん)があります。

■まつりか(45cc)
ジャスミン茶葉からつくられた乙類焼酎原酒を加えた、全く新しい甲類乙類混和焼酎です。ジャスミン由来の華やかな香りとすっきりした味わいが特長

■わんこ(45cc)
上品ですっきり、しかもまろやか。後口の余韻がたのしめる麦焼酎。

■なんこ(45cc)
まるでふかし芋のような、穏やかで甘い香りと味わいの芋焼酎。

■澄みわたる梅酒(45cc)
梅酒を蒸溜することで、まったく新しいスッキリ透明な梅酒

■柚子梅酒(45cc)
まろやかな梅酒の中にしぼりたての徳島産柚子が香る、爽やかでフレッシュな味わいが特徴

■熟成梅酒(45cc)
完熟した大粒の紀州産南高梅をふんだんに使用し3年以上丹念に熟成。
その深く濃い味わいはまさに梅酒の逸品。

カクテルレシピ (*特記無い場合はタンブラー使用)

ジンベース

ジントニック ビ-フィ-タ-30 トニックfill up  ライムスライス
ジンバック ビ-フィ-タ-30 レモンJ10 ジンジャーfill up  カットレモン
ジンリッキー ビ-フィ-タ-30 ライムJ10 ソーダfill up    ライムスライス
ジンライム ビ-フィ-タ-30 ライムJ10 ライムスライス *RG(ロックグラス)
マティーニ・ロックビ-フィ-タ-30 ベルモット10 カットレモン 

ウォッカベース

ウォッカトニック
スカイ30 トニックウォーター ライム
ウォッカバック
スカイ30 ジンジャーエール レモンJ10 レモン
ウォッカリッキー 
スカイ30 ソーダ ライムJ10 ライム
スクリュードライバー
スカイ30 オレンジジュース
ブルドック
スカイ30 グレープフルーツジュース
ブラッティーメアリー 
スカイ30 レモンジュース10  トマトジュース
セックスオンザビーチ
スカイ30 ミドリ20  パイナップJとクランベリーJ半々
ブラックルシアン
スカイ30 ウォッカ30  カルーア10 *RG
モスコミュールスカイ30 ジンジャーエール ライムJ10 ライムスライス

ラムベース

モヒート
サンタテレサ30 ソーダ ガムシロ15 ライム ミント
ラムコーク
サンタテレサ30 コーラ レモン
ラムトニック
サンタテレサ30 トニックウォーター ライム

テキーラベース

テキーラトニックサウザ30 トニックウォーター ライム
テキーラコークサウザ30 コーラ レモン
イグアナ サウザ30 ウォッカ10 カルアコーヒー10 *RG
テキーラサンライズサウザ30 オレンジジュース グレナデンシロップ

ウイスキーベース

白州マンハッタン
白州30 チンザノロッソ10 アンゴスチュラビターズ*RG
山崎ニューヨーク
山崎30 グレナデン10 ライムJ10 *RG

ワインベース

キール白ワイン60  カシス10 *RG
オペレーター白ワイン60 レモン10 ジンジャーエール *RG
キティー赤ワイン60 ジンジャーエール *RG
アメリカンレモネード赤ワイン30 レモン30 ガムロップ10 水

ビール

レッドアイビール100 トマトJ
シャンディーガフビール100 ジンジャー

リキュールベース

カシスソーダ
カシス30  ソーダ
カシスオレンジ
カシス30  オレンジジュース
ルビーカシス
カシス30 チンザノドライ10 トニックウォーター
ピーチウーロンピーチ30 ウーロン茶(クーニャン) 
ファジーネーブル
ピーチ30 オレンジジュース
マリブコーク
マリブ30 コーラ
マリブミルク
マリブ30 牛乳 *RG
マリブオレンジ
マリブ30 オレンジジュース
マリブパイン
マリブ30 パインジュース
カルアミルク
カルーア30  牛乳
アペロールソーダ
アペロール30 ソーダ
アペロールオレンジ
アペロ^ル30 オレンジジュース 
スプモーニ
カンパリ30 グレープフルーツジュース20 トニックウォーター
カンパリソーダ
カンパリ30 ソーダ カットレモン
ウーウーピーチ15 ウォッカ15 ライムJ10 クランベリージュース
  TSUBAKIではレモンは絞りません

クリンリネス

「お店が清潔である」ということは飲食店である上で非常に大切で、かつあたりまえのことです。特に入口はお店の顔、毎日チェックしてほこりが溜まっていたり汚れていたりすることが無いようにしましょう。
ドアの小窓にも注意が必要です。

トイレ掃除

開店前の一番大事な仕事、トイレをピカピカに!

店内清掃

毎日出勤したら、店内を隅々まできれいにしてお客様をおもてなしする準備を整えましょう。ブラインドがねじれていたり、キャンドルが充電されていなかったりということが無いように、また床のモップ掛けもこまめに行い、いつもピカピカのお店に保ちましょう。

電球交換

店内のスタンドや外灯の電球は数か月で切れてしまいます。毎日きちんと燈っているかチェックして切れたらすぐに交換しましょう。
この外灯は傘の上部に二か所ねじ止めされています。手で簡単にはずせますが、ガラス部分を落とさないように気を付けないと、灯具ごと交換しなければならなくなってしまいますので気をつけましょう。

メニューボード

メニューボードは風で倒れて壊れることが良くあります。そのたびに新しい額に交換しなければなりませんがDAISOで安く手に入れることができます。中のメニューはプリントアウトして額のサイズに合わせて拡大カラーコピーします。元のファイルはパソコンのディスクトップにあります。

コンピュータ

電源を入れ、右端のTSUBAKIでログインします。

オーディオ

電源を入れINPUTボタンでLINEを選択します。
ディスクトップのVLCをダブルクリックします
VLCのプレイリスト上で右クリックし、フォルダーを追加を選択します。
Cドライブを選択
TSUBAKIフォルダを選択
フォルダーの選択をクリック
TSUBAKIフォルダをダブルクリックするとソングリストの再生が始まります。

業者リスト

合鍵は施工業者のHMRにお願いしてください。

仕入業者

肉  北農食販  担当  前川     

北海道函館市昭和3丁目18−10       

TEL0138-40-6000

FAX0138-40-7575

               


食材  三本珈琲  担当  久保田   

北海道函館市本通2丁目13−24 レジデンスタカ 1F  

TEL0138-33-0030 

FAX0138-33-0040    

                                            


野菜  むさしや     

北海道函館市本町31−11           

TEL 0138-51-1256                   


酒    白井商店   担当 白井 090-3396-0151  

北海道札幌市手稲区富丘23-2-21    

TEL011-682-9442

                


食器  プロジェクト4  担当 渡部 080-8295-3128      

札幌市東区北24条東5丁目1-3      

TEL011-711-2277

FAX011-711-2287

                   


おしぼり 函館貸おしぼり 

北海道函館市上新川町10−2         

TEL0138-41-9915


   

施工業者

 HMR(内装)    担当 伊藤 社長 090-1641-6021  

北海道函館市港町1丁目1311号    

TEL0138-40-2220

                 



クレジット

JMS (JCB)      渡辺 憲一 090-4122-8237



ケーブルTV

 NCV      奥本 賢二 0138-34-2525

ガス

北海道ガス       0138-41-3175  お客様番号1102-021-6204


食材

制服

灰皿

コースター

その他 ネット調達品

レジペーパー

Powered by Flips