娑婆カレー

国内外食産業売上シェアはハンバーガーが6000億円、回転寿司が5000億円、牛丼が3000億円をそれぞれ上回っているのに対し、カレーは1000億円を切って900億円ほど。
CoCo壱番屋の国内店舗売り上げは、698億円(2012年5月期)。
カレー専門店全体の実に8割以上のシェアを握っていて 店舗数は1237店、海外を合わせると1400店舗超で、2位ゴーゴーカレー70店舗、3位 日乃屋59、4位 上等カレー58 5位 チャンピオン37店舗。
外食でカレーを食べる傾向を男女別でみると男性比率が70%超と圧倒的に高い
夕食に特化してみると女性比率が5年前から+3.6ポイント伸びていることは興味深い
2013年の外食カレーの夕食市場全体では、「カレー系FF」が32.1%と最もシェアが高く、「洋風FR(14.5%)」「牛丼系FF(13.9%)」と続く。男女別にみると、女性は「洋風FR」の比率が25.8%と高いことが特徴で直近5年で+18.3ポイントと大きく伸びた。一方男性は、「カレー系FF」が39.5%と圧倒的に高く、次いで「牛丼系FF(16.3%)」の割合が高い。
統計によると、1年以内で廃業する飲食店は34.5%に上る。投資回収もままならないうちに、3軒に1軒の飲食店が廃業している
開店予定4月

開店披露試食会 4月吉日 当該店舗において 17:30~21:00まで
             ※ワイン・ビール無料・ジュース類

開店祝・贈花等は辞退させていただきますので、
くれぐれもお心遣いの無いようお願い申し上げます。

◆店名     shabā 娑婆カレー (自由な発想で生まれたカレー)
     (娑婆(しゃば、さば、sahā, サハー)は、仏教において、釈迦衆生を教化するこの世界、すなわちこの世のこと
     (第二に 刑務所内や軍隊遊郭などの自由が束縛されている世界に対して、その外の自由な世界を指す
      第三に1980年代後半から90年代にかけてヤンキーたちが多用した言葉で
     「不良じゃない奴ら」→「シャバの奴ら」→「普通の奴ら」……的に変換され「冴えない」「ダサい」「根性なし」などの意味
◆営業時間   17:30~21:00 無休
◆客単価設定  ¥1100 一日20食/30食/50食限定 三段階営業
◆提供時間設定  12分

◆札幌を経て➡関東へ出店
◆娑婆カレーは第一フォーマットで客単価¥1000以上のグルメカレー店
  娑婆カレーで築いたノウハウを生かし、第二フォーマットとしてファストフード多店舗展開モデルで多店舗展開する
 ・約単価¥750(都心部路面・フードコート・郊外ロードサイド)世界二位のカレーチェーンを目指す
   現在の業界二位はゴーゴーカレー 国内68店舗海外8店舗 年商55億
Powered by Flips